封筒VSダンボールトップ

封筒VSダンボールへようこそ

封筒VSダンボールへアクセスしていただき、ありがとうございます。

封筒VSダンボール

封筒とダンボール箱は中に入れるものや素材が違っているだけで、その役割や使われ方がとても似ています。

それぞれの作られ方や流通方法などを調べると、意外な共通点が出てくることに気が付くのです。

例えばその印刷方法です。

版式は凸版印刷で、版材には柔軟性のある樹脂板やゴム板が使用されています。

印刷機は専用の輪転機が主で、印刷後にインラインでさまざまな加工ができます。

地球環境にやさしい水性インキやUVインキが使えますから、グラビアに代わる印刷方式としてこれらの印刷には高い評価があります。

封筒に使われる紙の種類もさまざまなものがあり、また紙の重量によっても分けられて販売されています。

一般的な封筒サイズの長形3号の場合、1平方メートル当たり85g以下の封筒を使用しますと内容物が透けるものもありますから、プライバシーに関する書類を送る場合は注意が必要となっています。

書類の保存に用いる場合には、開閉を繰り返すことができるようにフラップ部分を留めるための玉紐が付いた封筒が用いられることもあります。

これもダンボールでは文化鋲といった手法で同様なことができるようにしたものがあります。

また、厚みのある書類などを入れるための封筒として側面にマチの付いたものもあります。

一方、素材という観点から見てみても、それぞれ紙というエコでかつ、とても古い歴史のあるものが使われているのです。

封筒に使用する紙は丈夫であることが不可欠ですが、より強度を持たせたい場合はダンボールにすればよいのです。

封筒VSダンボール記事一覧

封筒について

相互リンク集

運営者について

封筒VSダンボールは、封筒について掲載しています。

ピックアップ!:封筒ができるまで

では次に、封筒が出来上がるまでの過程を見てみましょう。 まず用意された紙は、封筒の大きさに合わせて大・・・